安全配慮義務 評判

  • 企業が行うべき労働者への安全配慮


安全配慮義務の背景


安全配慮義務とは、例えば会社と社員の関係で生命・身体の安全を確保するよう配慮する義務を定めたルールです。 会社員などは雇用関係にあたり、「労働契約法」にしたがって労働者が安全に仕事ができるようにする必要があり、ルールとして義務化しています。 会社が安全配慮義務を怠り社員に健康上などの問題が発生した場合は損害賠償責任も発生します。


具体的には長時間労働での過労死や、モラハラパワハラなどでのうつ病やストレスなどです。 つまり問題のある社員を放置しておくこと自体も会社が義務を果たしていないということなんですね。


安全配慮義務が必要な背景。 納期のある仕事などの場合、多少のプレッシャーを感じるのは仕事としてはしかたないでしょう。 でもその状況を作り出しているのは経営上の問題とも言えるわけですので、やはり企業としては対策はぎむです。


なにより、社内の環境が良くなければ仕事の成果も期待できないでしょう。 チームでの仕事なら円滑なコミュニケーションは重要ですし、ちょっとしたトラブルでも仲間が連携することで未然に防ぐことが可能ですからね。


では実際にトラブルとして認められたことはあるのか? あります。2000年に最高裁は安全配慮義務違反があったとして、電通に責任があると判断しました。これははじめて、企業の損害賠償責任が認められた裁判例です。


中国のような環境汚染などがない現在、ほとんどの問題は人間関係。過労は企業が管理するのは当然としても、いじめと同じで陰で起きているトラブルにもしっかりと目を配らせる必要があるわけですね。


またSNS社会ですから、「ブラック企業」などの疑惑が持たれたりすると企業のブランドイメージには致命的なダメージになります。 顧客離れは当然として、良い人材ほどリスクにも敏感ですから就職を回避することにもなります。


そう考えるとただの義務では無く、現在では自社の利益につながる重要なルールでもあるわけですね。 





安全配慮義務の最新情報のブックマーク登録はこちら